釧路シンギング・リン音響セラピー風の木「響かせるということ」

「風の木」は北海道釧路市の住宅街にある音響セラピーサロンです

2017奈良の旅 Ⅵ~奈良旅最後の行程 三輪山登拝

風の木ブログにご訪問いただきまして
          ありがとうございます

奈良旅 最後の行程である三輪山登拝

 

近年まで一般の人間は足を踏み入れることが許されなかった禁足の山

 

決っしてパワースポット散策のような軽はずみな気持ちで入山してはいけないご神域と言われています

 

現在は許可を得て入山できますが神域である為、入山後も絶対厳守の決まりがあります

 

三輪山への入山は狭井神社登拝口からしか入山できません
◎受付場所:狭井神社(さいじんじゃ)社務所にて
◎受付時間:午前9時~午後2時(時間厳守)
◎下山報告:午後4時(時間厳守)
◎登拝料金:300円(一人)

 

初めに狭井神社社務所で受付

f:id:kazenoki:20170930012218j:plain

 

私たちの前には男性の方が受付をしていて、入山後守らなければいけない注意事項の説明をいろいろと受けています

 

次、私「受付お願いします」 神主さん「前に登っていますね」 …😲えっ?あ、はい

 

神主さん「じゃあ、いろいろな決まりはわかっていますね?」 私「はい」

 

心の中で、この神主さん霊能力者か?なんて思いながら受付

 

◎受付時は代表者が 住所・氏名・携帯電話番号(緊急連絡先)を記入
◎受付後三輪山参拝証」と書かれた鈴のついた襷(たすき)を渡されます

 

現在は入山が可能になったとは言え、本来は禁足のお山

 

首にかける襷(たすき)は私服でお山に立ち入るための白装束の代わりとなるもので入山中は外すことが許されないのでご注意を

 

そして襷(たすき)は下山確認の意味もあり、返し忘れたり、(いないとは思いますが)お持ち帰りしないように。 遭難騒ぎになること間違いないので

 

三輪山登拝にあたっての禁止事項
 ◎飲食や火気の使用
 ◎カメラ等での撮影
 ◎水分補給以外での飲食
 ◎一木一草(いちもくいっそう)持ち出し禁止

※ご神域である三輪山にトイレはなく、事前に済ませておきましょう

 

水分補給の水の持ち込みだけは許されるので、狭井神社の薬井戸からいただいたご神水をペットボトルに入れ、いよいよ三輪山登拝です

 

f:id:kazenoki:20170930013013j:plain

(この画像はお借りしました: 三輪山登拝口)

 登拝口の撮影までは許されていますが、鳥居をくぐってからの撮影は絶対厳禁

 登拝口には杖と虫よけスプレーが置かれています

一礼し、鳥居をくぐり登拝

 

標高467mの低い山とは言え、山頂まで険しい勾配の坂道が続くため、滑落したり、途中で体調が悪くなる人も多いそうなので無理は禁物

 

実際、登り切れずに途中で下山してきた人たちもいました

 

それと私から見るとまるで蜂か?と見間違う巨大な虻(アブ)が集団で群がってきます

 

虫よけスプレーにも慣れているようでさほど効き目はありませんが、夏に行かれる場合は虫よけスプレー携帯必須

 

肌の露出がない服装でも「あっ、痛っ」と思ったときにはもう張り付いて刺している

 

何度も休み、休み、虻(アブ)を杖で払いながら山頂到着

 

三輪山山頂に鎮座する摂社の高宮神社(こうのみや)とその奥にある奥津磐座(おくついわくら)に参拝させていただき下山しかかると…ちょっと不思議な現象が

 

三輪山山中で起きた出来事については口外してはいけないと聞いたことがあるので、ここでは書かないこととしますが、とてもきれいで素敵な現象でした

 

三輪山を下山し「これで奈良旅すべて終わったね」と友人と話していると雨がポツポツ

 

「降りた後でよかった~」なんて言ってるうちに突然、大豪雨に変化

 

神社階段の脇道はまるで小さい川の濁流

 

友人とふたり、念のために用意していた合羽を着て歩き出すと、私の合羽はただのレインコートだったらしく思いっ切り滝に打たれました状態

 

その雨は20分ほどで止み、とぼとぼ歩きながら少し乾いたところで、参道を抜けた道に立ち並ぶ三輪素麺のお店五目にゅうめん柿の葉寿司のセットを昼食にいただく

f:id:kazenoki:20170930013654j:plain

※食べ物の写真でここまでへたくそ撮りなのは久々

 

駅に戻る道を歩いていると 恵比寿神社⤴ の看板が

 

住宅街にあるのに趣きがある心惹かれる神社。寄ってみました

 

大黒様と

f:id:kazenoki:20170930013854j:plain

 

恵比寿様にご挨拶をし

 

f:id:kazenoki:20170930014253j:plain

社務所へ行くと宮司さんが

 「今の雨にあたったんですか。禊の雨になりましたね。どちらからですか?」

「北海道です。奈良が大好きなもので」という会話の後

「奈良はどこが一番印象に残りましたか?」とおっしゃるので

平城宮跡です。何度来ても心が震える感じがします」とお答えすると、宮司さんは

奈良県民として誇りに思います。きっとあなたは前世でそこに居たのでしょうね。魂の故郷なんでしょう」と😲

 

そんな事をおっしゃる宮司さんにはあまりお会いしたことがないので新鮮で驚きました

 

ありがとうございます

 

私が奈良に来たがる理由を、第三者の視点から答えてくださったんですね(ここも信じるか信じないかはあなた次第です…の域なのかな)

 

そして奈良駅

ここからまた私の現実世界での故郷 北海道へ帰ります

f:id:kazenoki:20170930014636j:plain

f:id:kazenoki:20170930014716j:plain

 

毎回長い文書におつきあいくださいました皆さまと奈良、そしてこの奈良旅に同行してくれた親友に心から感謝します

 

7年前、奈良旅のうちの2日間、ちいろば旅倶楽部の奈良ツアーに参加しました

 

ちいろばさんの奈良ツアーYouTubeムービー「三輪山登拝」2:21あたりに7年前の私がいます(グレーの上着に杖を持って下向き加減)

https://www.youtube.com/watch?v=fcrWfpbsXjI

 

この頃はこんな毎日、考えてもいませんでした

 

いつも言っていますが、本当に人生はいつだって旅の途中

 

何があるかわからず… だけど、必ず後から気づくもの

 

そう思うと、今、何があっても、きっと大丈夫なんだと思いますよ

 

ありがとうございます