読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

釧路シンギング・リン音響セラピー風の木「響かせるということ」

「風の木」は北海道釧路市の住宅街にある音響セラピーサロンです

不思議なご縁に導かれ奈良入りした6年前 その後から起きたちょっぴり不思議な出来事

10月1日~10月14日の期間 風の木はお休みさせていただきます。15日より通常営業となりますのでどうぞよろしくお願いいたします 

 

風の木ブログにご訪問いただきましてありがとうございます

 

「良い流れが加速しだすとき」で書かせていただきましたAさんですが

 

その流れは、いままでの生活形態では決して出会わなかっただろう人とも繋がって、新しい取り組みも始まり、何やら楽しい毎日を過ごしているようです

 

 

転換期、変容の時期には特別にスピリチュアル的な人ではなくても、様々な不思議な現象の連続に見舞われることがあります。私の場合は次々と神道系でやってきました

 

とその記事の中で書きましたが・・・

 

数々の不思議なご縁に導かれ一人で奈良入りした6年前

 

10代の頃から絶対行く!と心に決めていた天河神社も初めて参拝することができました(10代ですよ!何十年前?って感じですが)

 

天河神社天川村の山奥に位置しており、弁財天である市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)をご祭神としています 市杵島姫命さまは釧路の氏神様 厳島神社のご祭神でもあるんですよ

 

五十鈴は天河大辨財天を象徴する神器として有名です

 

f:id:kazenoki:20160929233810j:plain

※ これは五十鈴から制作したオリジナルです

 

 http://www.tenkawa-jinja.or.jp/top/index.html

 

「呼ばれなければ行くことはできない」と伝え続けられている神社ですが、10代の頃から数十年かかってしまったのはそのような理由からなのか、その時期が私にとってベストなタイミングだったのですね

 

そして、その数か月後くらいからちょっと不思議な現象が起こり出しました(それは奈良とは関係ないかもしれませんが)

 

どんな現象かと言うと、たとえば…話すと切がないですし、記事が長い!と友人に注意されているので💦 ひとつだけ

 

その頃まだ私は仕事をしており、札幌への出張の際はいつも北海道神宮を参拝していたのですが、ある日 参拝を終え、少し時間があったので参道を散策していました

 

あるご神木の下に入ったとき、突然きらきらと光り輝くのミスト状の雨が降ってきて…ミスト状なのでひどく濡れはしませんでしたがとても気持ちの良い雨でした

 

その時 通りかかったご婦人が「えっ?何それ」と木の下に入ってきた途端、その雨はぴたりと止み、見渡すと私と木の下の路面だけが薄っすらと濡れていて「不思議ですね~」なんて会話を交わしわかれました。30秒ほどだったと思います

 

あの時期、そんな現象がこれでもかというくらいに次々に起こりました

 

それでも私は怖い現象は起きなかったので、不思議だけれど…と、「ただの起きた現象」として捉えスルーしていたというか、深くは考えないようにしていたんだと思います

 

今はあの頃からすると全く違う生き方をしていますが、きっとあの時期が私にとってのターニングポイントであり、そんな現象の全てが変容してゆくことのお知らせだったのかな…と今は思います

 

心が壊れそうになったこともたくさんありましたが、今はこうして穏やかに暮らしているということは様々な苦悩も全て計らい、私に必要な出来事だったのでしょうね

 

誰にでもこれからもまだいくつものターニングポイントが用意されていると思います

 

もちろん私もきっとまだあるでしょう

 

みなさんもそんな人生の節目にはえっ?と思うような不思議な現象が目に見えて起きてくるかもしれません

 

現実的につらくて、悲しい出来事を伴っていたとしても大丈夫ですよ!今までだってどんな苦しいことがあっても何とかなってきたのだし、今があるのですから

 

「よっしゃ!来い」な~んて、次々と試練を制覇してゆきたいですね

 

ありがとうございます

 

あっ、それと4ヶ月前からこのブログを始めて、見て下さっている方の数は日により大きな波がありますが、平均して毎日だいたい12~13人ほどで(#^^#)、下限では2名という日もありました

 

どなかはわかりませんが、たとえ2名でも嬉しいです^^ ありがとうございます。