読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

釧路シンギング・リン音響セラピー風の木「響かせるということ」

「風の木」は北海道釧路市の住宅街にある音響セラピーサロンです

シマフクロウ エイド チャリティイベントに参加して 知るということの大切さ

日常の出来事やふと感じたこと

 風の木ブログにご訪問いただきましてありがとうございます

 

昨日はネイチャーガイドの板真奈美さんが主宰する シマフクロウエイドチャリティイベント に参加してきました

 

f:id:kazenoki:20160919231046j:plain

 

 

f:id:kazenoki:20160919230939j:plain

 

シマフクロウはかつて全道の広範囲に1000羽以上生息していたそうです。それが

 

◎水質の汚染や河川の工事などにより主食である魚類が減少

◎道路や建築物のための森林分断化による交通事故死や電線での感電死

◎写真撮影などで驚いた親鳥がヒナを置き去り、姿を消す

 

そんな様々な環境の悪化や人間の身勝手で現在の生息数は140羽ほどに激減してしまい、絶滅のおそれが最も高い絶滅危惧ⅠA類に指定されているそうです

 

人間にとっては便利なこともシマフクロウにとっては致命的な環境になってしまうのですね

 

今回のイベントはこんな現状を知ってもらいたいと真奈美さんが鶴居にあるご自分のセカンドハウスを提供し企画されました

f:id:kazenoki:20160919234416j:plain

 

シマフクロウ・エイド事務局長 菅野直子さんによる紙芝居やシンガソングライター佐藤シンさんの森林LIVEなども催され、穏やかな憩いの空間でシマフクロウの現状に耳を傾けます

 

f:id:kazenoki:20160919231309j:plain

 

 

f:id:kazenoki:20160919231105j:plain

 

f:id:kazenoki:20160919231131j:plain

 

昼食のガパオライスも絶品でした

 

f:id:kazenoki:20160919231210j:plain

 

イベント参加費、またはシマフクロウグッズの売上金は生息地の調査やパトロール、給餌保護・啓発普及活動などシマフクロウが生育してゆくための環境保全の資金に充てられるそうです

 

このような機会がなければ何も知らないまま、気に留めることもなく過ぎてゆきます

知るって大切なことですね

 

ネイチャーガイドとして自然を愛し、自然に寄り添う活動を展開している真奈美さんらしいイベントで、様々な困難と向き合いながらも素晴らしい活動を続けていらっしゃる皆様に敬意と感謝をこめて

 

ありがとうございます