釧路シンギング・リン音響セラピー風の木「響かせるということ」

「風の木」は北海道釧路市の住宅街にある音響セラピーサロンです

いろいろなメッセージを受け取ってゆきながら心を軽くしてゆきましょうね

風の木ブログにご訪問いただきましてありがとうございます。

昨夜はカードを引きたいというお客様がいらっしゃいました。お客様の仕事等の都合により夜8時半からのセッションになりましたが、私の方に予定が入っていない場合は夜でもセッションはお受けできますので気軽にお問い合わせくださいね。

お客様(Mさん)からは先日メールにてペンジュラムがほしいとの依頼を受けていたため、今回のカードセッションもペンジュラムを使用してみました。

Mさんがご自分で導き出したカードのメッセージは、まさにMさんの現在の状況をしっかりと映し出し、ご自分でも納得できる内容だったようです。

Mさんは真っ直ぐで純粋なものを持っている方ですが、少し周りの状況に振り回されてしまう傾向があり、時々ご自分の本質がブレてしまい、自信が無くなってしまったり、周りに合わせようと無理をし、疲れてしまう。そんなことを感じました。

しかし人間なんですから、いつもいつも完璧で強くいられるわけもありません。

ただそれをずっと抱えたままで何かしらの事を成し得ようとしても、心にも体にも不要なものを引き付けてしまい、どんどん重くなってしまいます。
重い気持ちのまま、その場で足踏み状態を繰り返してばかりいると、前に進めなくなくなってしまいますよね。

そんな時にこうしてカードを引いてみたりすることで、あっと思うようなヒントを得たり、何かのきっかけになったりすることだってあります。

ご自分が真剣に心を込めて引かれたカードなのですから、当然然るべきメッセージが送られてくるのだと思います。

ちょっと楽しくなったり、気が楽になったり、少し前に進んでみようと元気になったり、そこからまた始まって見えてくるものもあります。たかがカード、されどカード!元気になられるお客様を見ているといつもそう思います。

そしてメッセージは様々なものからも与えられます。今読まれている本だったり、聴いている歌だったり、人からの言葉だったり。

自分に自信が無くなることはよくあることですが、他人(人)と比べる必要もないのですし、ワンネス…他人(人)だって自分なのだと言うのですから比べる意味もありませんよね。

ということは、他人(人)におこなった行動や嫌な言葉は自分に向けているのと同じです。それでしたら、もっと優しい態度や言葉を伝えてゆきたいですね。

そういえば神社を参拝した後に引くおみくじも、その時、その時の大切なメッセージを伝えてくれています。

大吉・中吉・小吉・・・いろいろあり、大吉だ!ラッキーだの、え~小吉だった?だのと、おみくじの段階に一喜一憂したりしますが、そこが重要なのではなく、あくまでも大切なのはおみくじに書かれている和歌のような詩のようなあの文面の内容だと言われています。そこが神様から送らてくる大切なメッセージなのですって。

先日根室まで行ったおり、金刀比羅神社を参拝し、おみくじを引かせていただきました。大吉だ!ラッキー(笑)でしたが、メッセージは・・・

さびしさに何とはなくて来て見れば

うれし桜の花ざかりかな

おもうがままになる運です。短気をいましめて身をつつしみ

何事にも心静かに 他人とよくよく相談して事をなさい

すべて心のままになるでしょう

このおみくじを引く少し前、久々にイラっとすることがあり、相方に対し少し冷たい口調で言葉を返したばかりで、えっ?神様お見通しだったのですね・・・と、その時の私の状況を見事なまでに戒めてくれたのです(#^^#)

もちろん、それが全てではないですが、たまたま参拝させていただいた神社で引いたおみくじのメッセージ。心に響くこともあるのではと思います。
イラっの原因が何だったかも忘れるくらいなので、多分またくだらないなぁ、という程度の諍い事だったと思います。

内容がどんどんずれていってますが、ご自分の氏神様の神社を参拝し、おみくじなどを引いてメッセージをいただくことも良いことだと思いますよ。小吉だったとしても、あくまでも大切なのは神様からのメッセージの方なのですからね。

そうそう

おみくじにこんな可愛くてきれいなトンボ玉がついていました。ちょっと嬉しくて、もう一回、いえ三回くらい引こうかと思ったくらいです。

 

f:id:kazenoki:20160618094847j:plain


お問い合わせは風の木サイトからお願いいたします。

http://kazenoki.holy.jp/

 ※この記事はお客様より承諾をいただき投稿しております