読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

釧路シンギング・リン音響セラピー風の木「響かせるということ」

「風の木」は北海道釧路市の住宅街にある音響セラピーサロンです

いまここ 阿部敏郎さんのブログから ストレートに心に響いた記事②「福 音」

風の木ブログにご訪問いただきましてありがとうございます

 

先日1月24日の記事で、阿部敏郎さんのブログの中で心にストレートに響いた二つの記事の内の一つ、2010年3月17日 掲載「始まりの始まり」をご紹介しました

http://kazenoki.hatenablog.com/entry/9999/01/24/000000

二つ目をご紹介したいと思いますが、この記事が心に響いたというのはあくまでも私個人の見解です

f:id:kazenoki:20170215142726j:plain


阿部敏郎さんのブログから
「福 音」2012年2月17日


今朝早く、昨日頂いたコメントを読んでいて、とても力強く感じた文章があったので、携帯電話から読んでいる人のためにも、こちらに掲載させてもらいます。 


・・・・・・・・ 

わたしはかつて、浄土真宗はなんて自分に都合のいい身勝手な考え方をしているんだろうって思っていました。

他力?あなたまかせでいいの?人生は自分で切り開いていくものじゃないのか?って。
ましてや、悪人でも救われる?そんなのありか? みたいな。でも
それは全く全く正しかった。

一年前、わたしの身に起こったこと。

認知症の母が寝たきりになり、施設に入れたくても空きがなく、空きがあっても重度であるため入所費用も半端なく、手段がないため仕事を辞め自宅介護にふみきりました。
そんな折かみさんが鬱になり、リストカット
長期の入院を余儀なくされました。

収入は完全に断たれ、かみさんの医療費も高額で、途方に暮れました。今まででも経済的な困窮はありましたが、こんなに前途が真っ暗な状態になった事はありませんでした。

行政の支援もお願いしましたが、まず資産を処分してから来なさいと断られました。
処分するにも、なんせ、ど田舎の地所ですので土地も家も買い手などつきません。
困り果てたわたしは、来る日も来る日も思案に明け暮れました。

そして、あきらめたのです。

もう起こる事と戦うのをやめよう。自分はもう死ななければならないなら死のう。
いや、積極的に死を選択するのではなく、そうなるのであれば受け入れよう。

世界が有るなら、それを現している元の、なにか偉大な力が存在するはずだ。
それに自分の全てをまかせよう。生きようと必死になるサバイバルを捨てよう。

そうして、その偉大な力、いわば源泉に、または神に
わたしはわたしの人生だろうが、身体だろうが、命だろうが、魂だろうが、ありとあらゆる自分に関わる一切を差し出したのです。

そうするとどうでしょう!なんと
自分の苦悩から解き放されたような解放感に浸れたのです。

そして、ここに!この胸の、ここに、説明のつかない、ふくらみのある何かが現れたのです。

それは今まで味わったことのない幸せ、喜び、条件を必要としない愛と共に現れました。
わたしはその至福の故に喜び、その感謝の故に泣き、溢れ出るその愛の故に、酔いました。

それは今でも、ここに。この胸のここから溢れてきます。

それが現れてから数日後、生活も、家のローンも、治療費も出してあげよう。返さなくてもいい。そんな人が出てきたのです。

まさに神が、わたしの人生の主導権を引き受けた瞬間です。
わたしは自分の内側に、絶対的に信頼できる神を得たのです。
それ以来、わたしは内側に、神の側に向いていて、頭のほうに意識を移動するには若干気力を使わなければなりません。
自分の全てを放棄して、内なる神におまかせし、何であれそのみこころを受け入れる。

 

全くの他力です。そして、わかったのです。
だれもが本当は神の要素であることを。
それらは何一つ離れてはいない。
全ては一の中にある数限りない一であって、それらは集まっても全部で一であることを。
だれも生まれたものではない。
だれも死ぬものでもない。

世界は、みこころによって意識に立ち現われた映像にすぎないことを。
この至福の世界こそ、法然の言う浄土であることを。
そしてそれは、あの世にあるのでも、この世にあるものでもなく、ああ、それはほんとうは、全てなんだということを。

しかしながら、ほんとうにこの表現はいいのだろうか?言葉では言えない。それは存在しているとしか、これしか言えない。

ただ、他力は、正しかった。
今までほんとうにわかっていなかった。
これは、経験してはじめてわかる事なんだと実感できた。
このことだったんだって、わかったんです。
もう身体を離れるのはいつでもいい。
明日でも、今からでも。

みこころに従います。

花岡修平
・・・・・・・・・・ 

このエピソードで素晴らしいのは、お金の援助をしてくれる人が現れたということよりも、花岡さん自身に内なる祝福の体験が訪れたことです。

心境の変化があったから現実が変わったという見方もできますが、そのような奇跡以前に、人の心がここまで変わることができるという奇跡に心が打たれます。

心がどんなに長く、深い闇に閉ざされたとしても、部屋の外には太陽が光り輝き、あらゆる存在を照らしてくれています。

それは全ての人に等しく与えられた恩恵であり、この情報こそが、良い知らせ、福音です。

福音が全ての人に訪れますように。

「あなたは宇宙の部外者ではありません」

「天の思し召すままに」 

===転載終了=== http://abetoshiro.ti-da.net/e3347575.html

 

阿部さんのおっしゃる通り、ここで素晴らしいのは苦しむことしかできなかったこの方に訪れた心境の変化であり、「ワンネス」内なる神に気付けたことなのだと思います

 

仕事を辞めてしまえば困窮することはわかっているはずで何か他に方法は無かったのか…と思われる方もいるでしょう

 

しかし、きっとそれがこの方にとって必要な目覚めるための過程だったのでしょうね

 

ありがとうございます